治験 バイト 生活向上Web さんと yahoo さんの 連携

今回は生活向上Web さんと yahoo さんの 情報連携 つづきです。期待と懸念を込めて先日、意見を掲載しましたが、やはりネット情報でも賛否両論のようです。その大半は 当 おすすめニュースが 懸念した内容に 近いものでした。
先日の懸念点は 下記ですが、これに 対しての 更なる見解 です。

治験 バイト 生活向上Web さんと yahoo さんの 連携

治験 バイト 生活向上Web さんと yahoo さんの 連携

・非常に微妙なところですが、以前にも触れましたが、治験バイトは自由意思で行われ、金銭による誘導を是としていません。金銭誘導と捉えられない設定を治験審査委員会の了承の元、設定できるか。客観的にみて【高額アルバイト】という触れ込みの募集が容認されているのかは、疑問が残る。

うーむ。 治験バイトも かなりメジャーな存在に なっているのでは と考えていましたが、とはいえ、知っているという人は 増えても なんとなく知っているとか 知っているけど 絶対 自分は参加したくない という方も もちろんいる でしょう。特に 健康な方を 対象とした 第1相治験の 場合は、本来、発売している お薬すら 使う 必要がない方に あえて 参加してもらう訳 ですので、ある意味、体を 提供すると いうことに なります。親から もらった体を あえて リスクにさらす ということを 嫌う方がいて、当然だ とも考えます。そういった方から みれば、金額云々 ではなく、金銭誘導 と感じることも あるでしょう。自ら検索することと、意図せず 閲覧してしまうことには こういった 差異が生じてしまいます。それほど yahoo の 存在は 社会的にも 大きい ということなのです。また、人によっては 戦中の人体実験を イメージしたり、タイムリーな 治験での 重大な有害事象 などからも、見たくない という方も いらっしゃるかもしれません。その意味では 健康な方 というよりは 患者さんの疾患検索 や 治療薬検索などのカテゴリーに 臨床研究 や せめて、患者型試験(第2相治験や第3相治験)の募集が行われることが、もっとも スムーズに受け入れられるのでは と思われます。

・治験バイトを調べに訪問した方ではない方たちに治療と治験の違いを明確に理解いただけるか。治験バイトはあくまでも研究になりますので、治療的試験であっても確立された治療ではありません。治療を求め、検索に訪れた人が安易に治験に流れることによるトラブルが回避できるか。

治験の案内を みた方が、治験を 最新治療 と誤認しないように しっかりと 明示する必要を 感じます。yahoo ヘルスケアに載せるのであれば、治験( 新薬候補の臨床試験 )ではなく、治療の中で行われる 臨床研究の中で 特に、非介入研究 つまり、保険診療 等で、治療をしている際の データを 研究に つかわせてもらうようなものに ついての案内を 出すべきである。こういった 臨床研究は 市販後調査 等も含めれば、残念ながら【 高額アルバイト 】と言われる 第1相治験 とは 大きく異なり、非常に 少額の御礼 になってしまうが、医学研究 において 非常に 多くあり、かつ、非常に 重要な研究 の為、むしろこういった、一般サイトでの 募集に適しているように 思う。そういった意味では、生活向上Webさん のみならず、大学病院 や 各種の学会 や そのスポンサーの製薬会社等が 提供して掲載されることを 切に 期待します。

・大手紹介団体の情報ではあるが、それでも日本で行われているすべての治験ではありませんので、本当はもっとユーザーの体調や興味に合致した治験等があるかもしれません。こちらでもいくつかの紹介団体を見極める情報力を養わなければ損をしてしまうこともあるということです。

ここです。 yahoo のような、大きな サイトが 広告と いう スタンス でなく、情報を伝える のですから、客観的に その分野の大半を 占める 情報を 網羅する 必要があるのでは という考えです。最大級の 治験情報サイト とはいえ、すべての治験 を 網羅しているわけではありません。もっともっと 多くの 治験を しっかりと 理解してもらえるよう、しっかりと インフォメーションしていって いただきたいところ です。とはいえ、特に 第2・3相治験 では 一般公募的な募集を していない治験( 通院患者さん対象 )が 非常に 多いですので、中々、治験参加者募集サイトの 情報だけでは、情報に 偏りが 出て当然です。多数の サイトを 取り扱うか、もっというと 製薬協 や 日本医師会 などが 率先して情報を 提供してほしいものです。治験では ありませんが、臨床研究 では UMIN( 大学病院医療情報ネットワーク = University Hospital Medical Information Network )というサイト ( 国立大学附属病院長会議のもとで 運用されている ネットワークサービス )で、研究の登録 や 情報の開示 が行われていますが、もっともっと 入り込んで 参加希望者への わかりやすい 情報提供ができると さらに 臨床研究が 盛んになるか と存じます。

そういった面からもドンドン情報が拡散されて、良いものと悪いものの選別がなされ、適材適所(必要とする患者さんから必要とする研究が行われる)に発展することを、切に期待します。

とにかく、人の目に触れることはそのこと自体で賛否両論あろうが、賛同します。賛否は個々人が自分で考えて判断するものです。重要性を考えることが重要です。そういう意味で、情報拡散、賛同します。

そして前回の〆と同じですが、こちらでも情報を見極める情報力を養わなければいけないということです。おすすめニュースは基本的には治験や臨床研究はすべて何らかの有意義な目的があると考えており、すべての研究がそれぞれ大切であると考えています。よりよい医療を提供できる。そんな日本にしたいのです。そのためには、個人が納得しながら、健康を掴んでいきましょう。

賢い人なら、自ら情報に近づいて!! 案件をしっかり吟味して!!

しっかり案件を吟味してください。

 

紹介団体タイプ別の特徴を見ておくライフスタイル別おすすめを見ておく
治験バイト申込時の心構えを見ておく治験バイト合格するコツを見ておく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでtokuikiをフォローしよう!

関連記事

治験バイト合格のコツ
治験バイト選び方のコツ
掲示板へ

地域で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

種類で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

用語解説

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
ページ上部へ戻る