治験 バイト 生活向上Webさんのおかげで 治験ボランティア の知名度が格段に上がるかも

治験 バイト 生活向上Webさんのおかげで 治験ボランティア の知名度が格段に上がるかも

今回は感謝を込めて、生活向上Webさんを特集します。残念ながらリンクフリーではないようなので、URLだけ貼っておきます。 http://www.seikatsu-kojo.jp/ ※リンクではありません。ちなみにTwitterではツイートできるようです。
この生活向上Webさんは、先日のニュースでとりあげたサイトで、yahoo の スポンサード ( 画面のトップ や サイド に 広告を載せる広告主 )に 掲載する際、

【高額アルバイトお探しなら】【高額バイトをお探しなら治験で決まり まずは無料登録を】と呼びかけていた紹介団体です。

大手の紹介団体が 上記表現での 募集を行うのは、治験審査委員会( IRB )や 治験依頼者( 製薬会社 )を 説得するのに、尽力なさったのであろうことが 想像されます。以前は どうしても 【  治験  】【  アルバイト  】【  バイト  】等で  検索する方が多く、SEO対策として 【  治験アルバイト  、 治験バイト  、 高額アルバイト  、 高額バイト  、 新薬アルバイト  、 新薬バイト  等 と 呼ばれることも ありますが、治験は 参加者の 自由意思 による 社会貢献 であり、参加される方は 治験ボランティア や 創薬ボランティア と呼ばれます。ボランティアには 負担を軽減するために 負担軽減費 ( 謝礼金 ) が支払われます。】などと 表現し、あくまでもボランティアという体裁で募集していました。強い意思をもって、アプローチしたのだろうことがうかがえます。

賛同します。 第一相治験は 本来、高額アルバイト色の濃い物 なのです。

このような 業界大手紹介団体が 今回、yahooと提携したとの報道がありました。 yahoo japan ヘルスケア にて ”病気を調べる” ”薬を探す” ”病院を探す” 等の カテゴリの中に ” 治験&モニター  ”として生活向上Webさんの案件が 載っています。

治験 バイト 生活向上Webさんのおかげで 治験ボランティア の知名度が格段に上がるかも

治験 バイト 生活向上Webさんのおかげで 治験ボランティア の知名度が格段に上がるかも

さて このような医療に 関心が強いユーザーが 集うところで、治験の話題が 掲載されることは 本当に 望ましい事です。
今後の 治験の発展 においても プラスに 働くことと 期待します。
今まで 治験は残念ながら、知る人ぞ知る存在 でした。つまり 治験に参加したい人は、治験に参加したい という意思の元、その情報に 自らアプローチ していかなければならず、健康な方 でも、より自分に合ったスケジュール や 謝礼金等の選択肢が あるのに、その情報に 行きつかなかった結果、そこそこの 治験に参加したとかいうケースも 多々あったか と思います。
さらに 患者さんの場合は、もっと メリットが現れる 可能性が あります。つまり オンコロジー領域を 含め、患者さんの多くは その疾患の 最初に 受診した病院で 治療を行うことが多く、当然のことながら、治療中の 多くの 患者さんは、通院している 医療機関の 治療を 信じて通院していますが、実際には 治療には いくつもの選択肢が あります。医療と 呼べるかは 置いておいても、自身の健康についての選択肢 として 治験を 選ぶ ということも あり得るのですが、多くは その情報に 行きつきません。このように 医療・健康に 関心の強いユーザー の目に 治験が触れることで、より自身の 健康についての 関心を 深められれば、それが 引いては 医学の発展に 何らかの寄与を することに つながります。
そういう意味で、つまり 健康についての 選択肢のひとつ として しっかりと ユーザーが アプローチできる位置に 治験バイトが 位置することに ほかなりませんので、このような提携が 治験業界全体としても 意義のあること と感じます。
ただし、心配な面もあります。
・非常に微妙なところですが、以前にも触れましたが、治験は自由意思で行われ、金銭による誘導を是としていません。金銭誘導と捉えられない設定を治験審査委員会の了承の元、設定できるか。客観的にみて【高額アルバイト】という触れ込みの募集が容認されているのかは、疑問が残る。

・治験バイトを調べに訪問した方ではない方たちに治療と治験の違いを明確に理解いただけるか。治験はあくまでも研究になりますので、治療的試験であっても確立された治療ではありません。治療を求め、検索に訪れた人が安易に治験に流れることによるトラブルが回避できるか。

・大手紹介団体の情報ではあるが、それでも日本で行われているすべての治験ではありませんので、本当はもっとユーザーの体調や興味に合致した治験等があるかもしれません。こちらでもいくつかの紹介団体を見極める情報力を養わなければ損をしてしまうこともあるということです。おすすめニュースは基本的には治験や臨床研究はすべて何らかの有意義な目的があると考えており、すべての研究がそれぞれ大切であると考えていますが、それでも参加者本人にとって、よりメリットのある試験が望ましいとも思っています。適切に、よりよい案件に出会えるように可能であれば複数の紹介団体に登録しておいたほうがよいかと考えます。

賢い人なら、自ら情報に近づいて!! 案件をしっかり吟味して!!

健康な方においては昨今、同等性試験が増えています。国の意向により、トクホ等の健康な方対象の食品臨床試験なども増えています。

患者さん対象の治験等でも主治医のところでの治験以外のものも出てきています。

しっかり案件を吟味してください。

 

紹介団体タイプ別の特徴を見ておくライフスタイル別おすすめを見ておく
治験バイト申込時の心構えを見ておく治験バイト合格するコツを見ておく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでtokuikiをフォローしよう!

関連記事

治験バイト合格のコツ
治験バイト選び方のコツ
掲示板へ

地域で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

種類で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

用語解説

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
ページ上部へ戻る