治験 バイト 募集広告革命 と 治験エリート格差社会化

治験 バイト 募集広告革命 と 治験エリート格差社会化が進んでいるような気がする今日この頃。

なんのことかといいますと、ひとつは募集について最近は大きな動きを感じていることです。そして治験バイト参加者について、これも大きな変化が起きているように感じています。今年は治験や臨床研究にとって大きく様変わりする年かもしれません。と、おすすめニュースだけが感じているのかもしれません。

治験 バイト 募集広告革命 と 治験エリート格差社会化

治験 バイト 募集広告革命 と 治験エリート格差社会化

 

募集広告革命

来ましたね。ユーザーに とって これほど ありがたい変化は ないでしょう。ひとつは 先日から 話題に あげています yahoo japan の 治験への 協力 ・ 参画 でしょうが、治験を よく知っている方たち 以外でも話題に なった とのことです。クリニカルトライアルさんと提携したとのことで、この紹介会社さんも電車内の広告も行ったようです。治験バイトが 市民権を 得た 瞬間です。

しかし 気になることが いくつか あります。

yahoo japan さんの スポンサードに、おすすめニュースにも 取り上げている ボランティア紹介団体は いくつも 登録しています。それらを捨て置いて、クリニカルトライアルさん および その案件のみ を【 yahoo!ヘルスケア 】に載せていることによる弊害は ないだろうか。

つまり、公共性 および 正確性の 高くあるべき 検索エンジンサイト 。とくに 広く医療に ついての 情報提供を おこなっている コンテンツで、一社の 情報のみ、他の 医療情報の中で、あたかも 治験についての すべての情報を 提示しているような 体裁で 掲載されている点で ある。一見、 yahoo japan が 中立の立場で、一般に 提供できる情報を 提示しているように 見えて、実は 一(いち)企業の情報のみ なのである。もっともっと、治験審査委員会の 承認を 受けたうえで、このような 情報発信できる 一般検索サイト や 情報発信サイト に 治験が紹介されることを期待したい。この意味では、おすすめニュースは、あくまでも おすすめニュースが おすすめしたいニュースを 取り上げるが、すべての 情報を 開示して よいのであれば、どんどん 提供できる場に 提供していきます。

yahoo japan さんの 画期的なところは、治験に 興味を 持っていない方に 気づいてもらえる点である。気づいてもらった時に ひとつの団体情報だけでなく、いろいろな情報が 目に触れることにより、治験参加者募集の ボトムアップを 期待したい。これができれば、もっと 安価に 自由に 募集ができ、開発費の低減や 開発スピードのアップ につながるかもしれない。

1億人大半が 患者・将来の 患者予備軍に なるのである。1億人大半が 治験バイトボランティア になってもいいではないか。どんどん情報を 広めていきましょう。

また もうひとつ、最近では 新聞折り込み広告 などで、直接的に 近隣の住民に 治験や 臨床研究の 参加者を 募集しているサイトも 出てきている。内容的には 紹介団体のものから、実施医療機関。特に アカデミアの 案件など、金銭誘導 との問題も 大いにあるが、実験的な参加者募集としては ありかと思います。Webだけの 情報や 折り込み広告 だけでなく、実際に、肌で 感じることにより、どういう案件が 自分に 向いているかも 啓発できるはずです。このことからも、治験は【 選ばれる時代から 選ぶ時代 】になっていくのでしょう。

 

治験エリート格差社会化

これも 変な表現ですが、確実に 出てきています。実生活でも【 格差社会 】が 拡がると 言われ 早何年か と思いますが、治験参加者に ついても 格差社会を 感じる時が 多々あります。つまり、治験に 常に 参加しやすい エリートと そうでない 一般市民的な方と 何も 参加できない方なのです。

エリートは 既往歴や 現在の血液検査が すべて 正常な健康成人 や 糖尿病(中でも 条件の厳しいものも 多々あり)患者さん 等、開発タイミングで 自分の体調に マッチした試験を 見つけた場合、芋づる的に 参加が参加を 呼ぶ状態になり、好きな治験に 好きな時に 参加できるようになります。

一般市民は なかなか エリートほど 頻繁に 該当して、治験などに 参加することは 難しいが、一定の 試験には 参加しやすい 体調の方です。同等性試験 や 臨床研究 が 増えることにより、負担軽減費( 謝礼 )は 低めですが、何とか案件を 落としてもらえるので、実生活と 見比べても、一般市民的な動きだが、一定の費用をも 確保してもらえます。特に この層の ボランティアへの案件のみは、人を対象とする医学系研究の倫理指針などの 成立から 今後 ますます増える可能性を 秘めています。

このような状態なので、エリートは 負担軽減費の増加が 期待でき、一般市民も 安価だが 案件は増える と思われる。つまり参加できる できないではなく、参加した案件の おトク度の 格差 = 格差社会 が より明確になるのだろう。

需要と供給という社会を含め、インターネットの普及や規制緩和により、情報の氾濫や格差が増えています。

もっともっと おすすめニュースを利用して、損をしないように心がけてください。

紹介団体タイプ別の特徴を見ておくライフスタイル別おすすめを見ておく
治験バイト申込時の心構えを見ておく治験バイト合格するコツを見ておく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでtokuikiをフォローしよう!

関連記事

治験バイト合格のコツ
治験バイト選び方のコツ
掲示板へ

地域で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

種類で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

用語解説

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
ページ上部へ戻る