治験バイト 治験と 治療は 違います

もう【 高額 アルバイト 】【 高額 バイト 】【 高収入 バイト 】【 高収入 モニター 】と言ってしまいませんか。
今回は少し、治験について深く考えてみたい。治験について調べていくと、あるいは実施施設等で臨床研究の歴史的な説明を受けると、ほとんど必ず【ヘルシンキ宣言】が出てきます。細かなことは各種ホームページに任せるとして、つまりは【患者さんに最良の治療を】ということがキーワードになっているわけですが、治験に参加するということで、その最良の治療を受ける可能性は損なわれる可能性があることは容易に想像できるでしょう。

治験バイト 治験と 治療は 違います

治験バイト 治験と 治療は 違います

 

治療と呼べない、【プラセボ比較試験】や【ランダマイズド試験】

そもそも患者さんを対象に治験や臨床研究を行うということは許されることでしょうか。
もちろん、治験や臨床研究は医学の発展の為に、もっとも重要な研究のひとつではありますが、患者さんに対して、その医療技術・知識すべてを注ぎ込み、最善の医療を提供すべく努めている医師をはじめとする医療スタッフにとって、相対する研究と言える研究があります。
研究のすべてが、漫画やアニメのように、まだ動物研究でしか効果がわかっていなく、かつ画期的医薬品である=これを使えば、病気が治るだろうが確証がない⇒あらゆる障害を押しのけて、使おう⇒治った⇒ハッピーエンド。という研究であれば、あるいはデータさえしっかりしていれば、どんどん行えるかもしれません。しかし現実にはそうはいかず、研究は被験薬以外の影響を受けていないか(交絡因子といいます)や本当に今までの薬と比較して効果などが強いかやその被験薬に効果があるかを見ていくために、プラセボ比較試験やランダマイズド試験等が行われます。平たく言うと、見た目は薬だが効果のない成分をつかったり、既存の薬をつかったり、投与量を少なくしたりして比較するのです。この場合、参加者の体調をみて、この人はプラセボ(偽薬)、この人は既存の薬等と作為的に選ぶのではなく、誰にどの成分や治療方法で研究が行われるかは、ランダム(無作為)に選ばれます。そうすることで、統計学的な偏りを軽減していくのです。
逆に医学的な判断から作為的にしてしまうと研究目的の薬の効果が実際にある 良い薬 でも、その被験薬に期待して、症状の悪い人ばかりに被験薬があたり、結果改善傾向でも治ってはいないというケースと、症状のそう悪くない人に偽薬や既存薬での研究に参加して、あたかも既存薬の方は治って、被験薬は改善はするが治らないという結果になってしまいます。(逆も もちろん ありえます)
そういうことを回避するために、プラセボ比較試験やランダマイズド試験が行われていますが、研究の精度を高めるためにはGOODですが、患者さんの利益を考えるとBADです。そのため、この研究については議論が重ねられてきたようですが、結局、現段階では、まだこの方法の優れている点からもなかなか方向転換はむずかしいようです。
さらに、最近では研究者(医師が多いかと思いますが)は主治医(医師)のように参加者の利益(医師から見た場合の患者の利益)を、医師が患者に対する利益の保護ほど、尊重する必要があるのかという議論さえなされています。きっと研究は研究であり、治療ではないのだから、それに同意している参加者は治療に参加しているのではなく、研究に参加しているので、研究に対する参加者の保護を尊重すれば、必ずしも、最善の治療を提供する必要はないという考えかと思います。
以前は、ランダマイズド試験は、まだ被験薬と既存薬の優位性は未確定であり、劣性な治療ではないとか、プラセボを交えて研究を行っても治療的に不可逆的なリスクは低い方を対象にする等、苦しいながらも、治療と治験の両立に向き合っていたように感じますが、最近はドライなようです。

治験と治療は違う。これはこれでいいのですが。

治験も 研究の 一種ですので、最善の治療 ではないです。これは 注意が必要 です。
一部の 心無い、治験紹介団体で、【 最新の 治療 】を 謳ったり、治療の 紹介の中に、埋め込み式に 治験の紹介 を 行いあたかも、【 最新の治療 】や【 最先端医療 】の一つと 誤認させようと しているのではないかと 思わせるような 宣伝文句を 行っているところを 目にします。
残念ながら、研究手法を より、客観的に 評価できるような形に するために、治験を はじめとする 臨床研究は 残念ながら、これらとは 異なっていますので、結果、最先端の効果が 起こる可能性は ありますが、そうでないことが 多い世界で あることを ご留意ください。
また、研究側が 患者に対し、【 最善の治療では ない 】と認識しているのであれば、せめて このような 種類の研究 だけでも。【 高額 アルバイト 】【 高額 バイト 】【 高収入 バイト 】【 高収入 モニター 】とか でもよいのでは、ないでしょうか。
一方で、治療を 放棄しながら、でも、参加者の精神 は【 治療 】と同じだよ というのも、違和感を 感じます。
いっそ、【 治療ではありません。 参加者に メリットがあるか ないかは 二の次です。ですので、市場の興味に 合わせて 参加費用が 支払われます。 】 であるべきでは? と、今夜は 毒舌ですが、思ってしまいます。

ですので、治験は 必ずしも 最先端治療では ありませんが、うまくいけば 最先端治療に なりうるの です。

gf1420321645

有害事象と副作用 補償と賠償
有害事象と副作用補償と賠償
紹介団体タイプ別の特徴を見ておくライフスタイル別おすすめを見ておく
治験バイト申込時の心構えを見ておく治験バイト合格するコツを見ておく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでtokuikiをフォローしよう!

関連記事

治験バイト合格のコツ
治験バイト選び方のコツ
掲示板へ

地域で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

種類で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

用語解説

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
ページ上部へ戻る