患者治験か 治療か。まず 治験に 参加 するべき なのか

患者治験か 治療か。まず 治験に 参加 するべき なのか

患者治験か 治療か。まず 治験に 参加 するべき なのか
今回は 昨今の 治験の 行き過ぎに 対する 警告コラム です。

治験に 参加することは、 ”よいこと” として 私どもは 紹介しております。最近は、PHASE1治験を はじめとする 健康成人試験 以外の いわゆる 患者さん対象の 治験(本来 こちらが 本道の ”治験” なのかもしれませんが)も 一般公募により 実施される ケースが 増えてきました。当サイトも 治験バイト という名で、皆様に 治験を 紹介していますが、バイトという 表現は 本意ではありません。本来、治験は 社会貢献メイン。その次に 健康管理にも 役立つ。という理解で 協力を お願い しています。

自身の病気と 向き合い、より自分の納得した選択を できるように 治験も そのきっかけとして、貢献できれば 社会貢献のみならず、患者自身にとっても、とてもよいことです。

患者治験か 治療か。まず 治験に 参加 するべき なのか

患者治験か 治療か。まず 治験に 参加 するべき なのか

しかし 治験が 浸透することは とてもよいことに 感じますが、少々の注意も 必要かと 思います。
昨今の風潮から 若干の 注意 や 意見 も言わせていただきます。

1)あなたの治療は うまくいっていますか。

まず あなたの病状と 向き合ってください。これは 癌 をはじめとする シビアな病気にだけ 当てはまることでは ありません。

比較的容易な 体調管理で 安定する病気なのか、症状は どの程度 安定しているのかを はじめ、現在の 主治医の 先生は 自分の体調を しっかりと みてくれているか など、自分自身の 病気に 対する 向き合い方も 含めて しっかりと 考えましょう。

病気は、あなたの資産 と 同様以上に あなたの将来を 左右する可能性が あります。見落とされがちな 生活習慣病 なども 含めてしっかりと 病状を 確認しましょう。

治験は 主治医の説明 と 自身の納得 の上、行ってください。

治験に 限らず、治療も 含め、体調管理の選択は 常に一つ と私は考えます。治療 や 治験、どの選択肢も ある一定の時期を 費やします。その期間は 後悔しても 戻ってきません。何かものを使うモニター調査 や ほんの 短期間の 調査 なら 簡単に 期間の損失を 取り返すことができるかもしれませんが、治療も 治験も 患者である以上 ある一定の期間を 要することが ほとんどです。その間も病気は進行する可能性もありますし、良い方向に向かう可能性もあります。また 同じ良い方向でも 他の治療方法なら もっと良い報告に 向かう可能性が あります。すべての可能性の中で 一つを 選ばれなければならないのです。そういう意味では 軽い病気や 簡単な選択は ありません。治験に 参加するときも 真剣に 判断ください。

2)主治医の先生はいますか。

むかしは 医者のいうことは ”絶対” という風潮が ありませんでしたか。しかし 医師のいうことは 絶対なのでしょうか。

ある方と お話しした際、【医師は 非常に 複雑な 何次元方程式を 解いているようなものだ】と おっしゃっていたことが 記憶に 残ってます。つまり その患者の 身体所見や 訴え、生活環境、状況によっては 本人の訴えに上がらないほどの 細微な体調変化 まで 捉え、あらゆる病気の 可能性から より精度よく病気を 特定し、その病気と 患者の生活環境などに 遭った より適切な治療を 提案し、本人同意のもと 治療を していくことが 望まれます。この方程式が 間違ってしまうことは 十分に あり得ます。

そんな方程式を しっかり綿密に 解けるような主治医の 先生からの 治験の提案ですか。もしくは まだ治療を していない人なら 治験参加後に そんな提案を してくれそうな医師 ですか。

治験に 参加する際の 一番のメリット、それは ”より親密に考えてくれる医師を見つけられる” ことなのではないか と私は 考えています。

 

3)治験や臨床研究に参加しなければならない

心苦しいですが、現在の 治療方法(ガイドライン)でも、 ”良くならない” 病気は 非常に 多くあります。”治りたい” 気持ちに 答えられない。そんな際、治験等に 参加して ”よりよい治療” を期待することも あるでしょう。

”劇的に病気が良くなる治験” は数少ないかもしれません。稀に あっても その治験に 参加できるかは わかりません。まだまだ 治験は 患者にとって 高いハードルを 来なければなりません。最近は ネット広告で 患者治験を よく目にしますが、あなたが その選択を ”よく考えて、最良の判断” をしたと 言える場合に 参加してください。

治験バイトおすすめニュースは治験参加を勧めています。しかしそれは社会貢献の前に自分自身の健康管理の選択肢としての”おすすめ”です。

●あやまった情報(劇的に病気が治るとか、副作用が全くないとか)に惑わされたり ●治験に参加しないと損する ●治験を行っている医療機関だから最新の知識や設備があるとかの誤認 を防ぎ、”自分と信頼関係を築けるかつ裏打ちされた知識を持つ最良の医師と出会えること”を心よりお祈り申し上げます。

 

gf1420321645

治験バイト を探してみる

紹介団体タイプ別の特徴を見ておくライフスタイル別おすすめを見ておく
治験バイト申込時の心構えを見ておく治験バイト合格するコツを見ておく
治験 バイト 施設 の スタッフは どんな人?治験バイト 副作用が 強いほど 報酬 高い?
治験バイト 中の 過ごし方治験 バイトは どうやって 行われるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでtokuikiをフォローしよう!

関連記事

治験バイト合格のコツ
治験バイト選び方のコツ
掲示板へ

地域で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

種類で選ぶ

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645

用語解説

gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
gf1420321645
ページ上部へ戻る